雇用対策法の改正

平成十九年十月一日

雇用対策法が改正され、労働者の募集・採用における年齢制限の原則禁止が義務化され、省令(雇用対策法施行規則)で定められた場合を除いては、原則的に求人の要件に年齢制限を設けることができなくなりました。

しかし、企業が求める人材は、何歳でも良いというわけではありません。

平成十一年四月一日

男女雇用機会均等法の改正により、募集・採用、配置・昇進、教育訓練、福利厚生、定年・退職・解雇において、男女差をつけることが禁止された。

それでも、企業が求める人材は、男女どちらでも良いというわけではないのです。
女性を排除するのがNGとはいえ、応募者に対してはそういった理由を言わないだけで、結局は性別で判断される事が多いはずです。


どちらにせよ、表示を行なわないことで、無駄な応募が増えるのではないか?

・企業側が20〜30代を求めているのに、50代の応募者が発生した。
 書類先行云々以前に年齢でちょっとお断りを申し上げる。

そういった問題が発生しているとは思うのですが、法律を考える人達は、目先の利益しか追えないのが現状のようです。

FMS?

10月3日付のITProに大塚商会の新サービスの記事が掲載されてました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071003/283699/

ここ数年で、
個人情報保護法やら、Pマークやら、と
中小企業でもインターネットセキュリティを考えざるを得ない状況が出てきたわけです。

大塚商会もそこに目をつけたサービスを始めるようです。


2002年くらいに富士ゼロックスもbeatというサービスを開始していますし、
TrendmicroやらSymantecといったウイルスベンダー各社でも何かしらの商品を
出してきています。


そう考えると、ちょっと遅い?って気もしますが、
ITの時代、後発が不利って事もないので、なんとも言えません。

気になるサービス内容。

> ファイアウォール
> ゲートウエイウイルス・スパイウエア対策
> IPS(不正侵入検知/防御)
> Webフィルタ
> スパムメールフィルタ
> Winny通信の遮断


ごく普通というか今時当たり前な内容です。
というか、Fortigateの標準機能じゃないか?と

おそらく他社との差別化を図るには、
以下の部分じゃないかと

> お客様の規模に合わせた機器をレンタルいたします。
> 利用環境に合わせ導入時の機器の初期設定および現地での設置作業を行います。
> 環境の変化に伴う設定変更をリモートで行います。
> 機器の24時間自動監視および障害時の企業担当者への通報を行います。
> 電話による障害申告受付による対応を行います。
> ハードウェア障害時の代替機交換を当社技術者が現地にて行います。


設定変更をリモートで行なう
24時間自動監視および障害時に企業担当者への通報

ハードで購入すると絶対ありえないサービスです。


といいつつ、不安になるのが、
リモートで設定変更を行なうって事は、そこがセキュリティホールになるんじゃなかろうかと・・・。

どうなんでしょう?


大塚商会『管理者不要のゲートウェイ統合セキュリティサービスを提供』

Profile

あらやん
いろんな事に興味を持つ、元SEのおっさん。


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

New Entries

Comment

Categories

Archives(272)

Link

Search

Free