横幅変更

ブログの横幅をこっそり730pxから940pxに変えてみた。

1周年まであと15日。

禁煙の期間が長くなるにつれ、禁煙しているという実感はなくなる。
さらに、禁煙という言葉もあまり意識が行かなくなる。

最近、ご友人が禁煙を始めたので、禁煙という言葉を思い出す事が増えた。
先日会ったとき、彼からタバコの匂いがした。
内心「あー、挫折しちゃったかー」と思いつつも、そんなそぶりもないので疑問だったが、
どうやら継続できているとのこと。おそらく部屋・車どちらも喫煙可だったから、
多分その辺から移り香がしてるのかもしれない。

そのうち徐々に消えていくと思うけど。



そんなこんなで残り15日ほどで禁煙1年達成となります。
つっても、我慢してる状態はとっくの昔に終わってしまったし、
吸ってないのが当たり前状態なので、達成感もなさそうです。

理不尽なこと

近所にちょっとした広場がある。

金曜や土曜の夕方(昼からやってるけど)には、夕暮れ市という即売も行われる。
炭火焼の串焼き、鉄板で焼いている焼きそば、その場で揚げている天ぷら、新鮮な野菜や果物、惣菜となんでもあり。
ちょっとしたお祭り感覚。

先日そんな広場で七輪をつかってプチバーベキューをした。
夕暮れ市とはちょこっとキョリを取りつつ街頭下のなかなか良さげな場所をキープ。

火起こしに時間がかかってしまい、夕暮れ市が終わりかけの頃に始まった。
友人と二人で盛り上がり、気づけば20時半を過ぎていた。
21時近くなった頃、一人の老人が車から降りて近づいてきた。
腕に「管理人」という腕章を付けたその老人は、


「ここは、火を使ってはいけません。」


開口一番こんなことを言い出した。
内心ハァ?と思いながら、あぁ、そうなんですか?すいません。少ししたら片づけます。と言い、とりあえずやり過ごした。

よく考えてみると、夕暮れ市はいいのに何で俺らはイカンのか?
と疑問になる。
数十分後その老人は再度現れた。


「ここは、火を使ってはいけません。」


お前はそれしか言えないのか?と思いながらも、先ほどの疑問をぶつける。
「あれは許可もらってやってるから」

じゃあ許可取ればいいの?
「許可は下りないよ」

なんでさ?
「知らないよ。市がそういってるんだもの」

あーそうですか…
おそらくただの雇われ管理人だ。何を聞いたところでわかるわけがない。
とりあえず最後のホタテだったので、しっかり焼きつつ片づける準備を始める。
帰る前に看板を確認してみるも、書かれている文言は

「花火やたき火などをしてはいけません。」

火を使うなというのであれば、"わざわざ花火やたき火など"書かず、
火気厳禁と書けばいいはずである。


さらに後程調べた結果、


市のサイト内検索にてバーベキューを検索すると、イベント事を覗けば、公園の利用の仕方というページのみがHITする。


◆公園の利用の仕方

 > 最近バーベキューや花火などにより公園施設を焼失する事件が多数起きています。
 > 公園内は火気厳禁です!ただし八戸公園や南部山健康公園の一部では許可を受ければ
 > 火気を使用できる場所があります。


つまり、公園内でバーベキューを行うことは基本的に禁止されている。
ここで焦点となるのは、果たしてこの広場は公園か否かという事。

中央地域の公園配置図と公園一覧を見たところこの広場の名前もない。地図上にも何も書かれていない。

この広場は公園ではない。つまり、"正式に禁止"はされていないと考えるのが妥当ではないか?


そう思い、市の公園緑地課に対しメールを送った。


以下、メールの内容。

近所に住んでおり、アパート住まいなため気軽にバーベキューを行うことができません。

そこで先日、広場にて夕暮れ市の脇で七輪を使用してバーベキューのようなものを行っておりましたところ、管理人と名乗る老人から「火は禁止だ」とキツめに言われました。

入口にある看板を再度確認したところ、
「花火やたき火などはやらない事」
と書いています。
こちらとしては、直火でなにかをしているわけでもないし、花火のように周りに火が降り注ぐというそういうつもりはありませんでした。
それとも、市では七輪を使って炭火で調理することは花火やたき火などにあたると考えているのでしょうか?

どちらにせよ、なぜ夕暮れ市での使用はよくてこちらはダメなのか?
また、火を使う事を禁止するならば、わざわざ花火やたき火と書くのではなく、火気の使用禁止と明記しないのか?

明記していない状態で注意され、非常に不愉快だし理不尽です。

また、その管理人と名乗る老人は、バイクで広場内に乗り入れている人には見向きもしませんでした。


管理人の勘違いで、実はバーベキューはやっても良い。というならまた利用したいのですが、
やはり管理人が言うように火を使うことは禁止なのでしょうか?


現在回答待ち。。。
市から回答が来た。


お世話になっております。
ホームページよりお問い合わせのありました件につきまして、
以下のとおり回答いたします。

該当広場では、市多目的交流広場条例施行規則第20
条(8)の規定により、広場利用者の安全面などの観点から、通常の公
園同様、広場内での火気使用を禁止しております。

ご指摘のとおり、駐車場付近の看板には、火気の使用につきまして、
花火・たき火については、明記しているものの、バーベキューなどその
他の用途での火気使用につきましては、明記していなかったことから、
今回のような誤解を生んだものと認識しており、この点につきまして、
深くお詫び申し上げます。
本日、看板に「火気使用禁止」の文言を追加明記しましたので、今後
は、広場内で火気を使用しないようご協力の程、よろしくお願いいたし
ます。

また、ご指摘の「夕暮れ市」につきましては、当市の中心市街地
の活性化等の目的に開催しており、一部の出店業者が火気を使用し
て営業しております。夕暮れ市につきましては、行為内容がイベ
ント等を通じた市民の相互交流の促進及び中心市街地の活性化を図
るという当広場の設置目的に合致していること等を総合的に勘案し、
安全面など様々な条件を付した上で使用許可しておりますので、ご理
解くださいますようよろしくお願いいたします。

また、今回、管理人から厳しく注意され、非常に不快な思いをされたと
のことであり、このことにつきましても、深くお詫び申し上げます。
本日、管理人に対して、ご指摘の内容を報告させていただくとともに、
利用者への接遇態度に十分に注意を払うよう指導いたしました。

11か月の大台に乗りましたよ!

さてさて、禁煙始めて11か月達成しました!(パチパチ

あと1ヵ月で1年となります。
過ぎればあっという間…。年齢もあるのでしょうか…。
時間の経過が早い気がします。

まぁ、9か月経っても吸いたいという気持ちというか欲求は出てきます。
ただ、なぜ吸いたいのかと問うと、こんな答えが聞こえてきます。

「なんとなく」「映画やアニメ、ゲームのキャラクターが吸ってるの見てカッコイイ」
「周りが吸ってるから」

気づいたでしょうか。中高生がタバコを始めるのと似たような心境が見え隠れしてますw。

タバコを吸ったことが無い人は、タバコが及ぼす影響を知らないわけです。
では、なぜ吸うかというと

上記の理由のほかにあるのが、「タバコがストレス解消になる」といった、喫煙者からの情報じゃないかと思われます。


きっかけはどうあれ、タバコを始めて依存してしまうと、
抜け出せなくなります。

本来タバコで精神的に解決できる(ストレス解消など)なんてないんです。
タバコを吸ったという快感で、タバコを吸いたいという欲求を満たしているだけ。
根本的なストレス解消にはならないわけです。


なーんていろいろ自己分析というか人間の行動を分析するといろんなものが見え隠れしますね。


もう、あと1ヵ月ガンバローとかいう状態じゃなくなってることは確かです。
禁煙中の人という意識はもう無いんですね。昔吸ってたけど今吸わない人になってます。意識的に。

Profile

あらやん
いろんな事に興味を持つ、元SEのおっさん。


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

New Entries

Comment

Categories

Archives(272)

Link

Search

Free