就職のお話2


青森県の雇用の問題点

・求人が少ないように見える。
・ゆえに人材が県外に流出
・ゆえに人口の減少・消費の現象
・ゆえに景気の降下
・ゆえに賃金の低下

県内にもいい会社はいっぱいあるわけで、
それなりに給料も貰える会社があるわけで、
それなりに募集もしてるわけです。

しかしながら、募集をするための媒体への掲載料金が
異常に高額なわけで。

某転職サイトの場合

掲載期間2週間で2〜30万円。
(写真無しの文章のみ)

一番上のプランだと、その10倍くらいはすると。

某人材派遣会社の求人サイト

掲載は無料だが、採用時に採用した人の年収の3割ちょっとかかると。
新卒レベルなら300万前後、中途なら4〜500万の年収が見込めると
単純に考えても1人あたり100万以上。


某転職サイトに関しては、応募があるかわからないにも関わらず、20〜200万円
人材派遣は、その人材がいいかどうかもわからないにも関わらず、100万以上と


県内に拠点を置いている、小企業にとってかなりの負担となるため、
ほとんどの場合掲載していません。


つまり、募集しているにもかかわらず、それを知らせる事ができないでいるわけです。

就職のお話

最近就職関係の業務を始めたので、いろいろ勉強になってます。

・青森県の最低賃金が610円とだいぶ低い事。
・ほとんどの就職希望者が県外に流出している事。
・有名な求人サイトで探しても、県内企業がほとんど出てこない事。

察するに、現状の問題点として、

・青森への就職をしたいが、給料が低いので県外へ行ってしまう。
・青森への就職をしたいが、求人情報がない為県外へ行ってしまう。

という問題があるんじゃないかと、
結果、人口が減少し、景気が低迷=所得低下。悪循環ですよ。


県では、それを打破すべく青森県に特化した求人サイトを立ち上げたと、
新聞に載っていました。

あおもりHa-net
http://www.vjob.jp/ha-net/
UPルキャリア
http://www.tscareer.co.jp/form/aomori/

また、民間でも青森に特化した求人サイトを立ち上げたようです。
JOBOOあおもり
http://www.joboo.jp/~aomori/main/


ぶっちゃけどれもこれも、親サイト自体有名じゃない気がするんだが・・・。


大手と言えば、リクナビとかマイナビとか日経ナビとかenとかいろいろあるのに。。。


こういったサイトが有力になって、青森に良い人材が集まってくれば、
青森県の景気が良くなり、給料も上がるのかなぁ・・・。

ダーツハマってます。

2007年1月。
ヒマだったので、友人と二人でダーツをやりに行ってみた。

これがおおハマり。

数日後、
部屋には、ハード用のダーツボード(格安)が設置され、
手元にはソフトダーツ。

さらに数日後にはソフト用のエレクトリックダーツボードが設置されました。



それからしばらくして・・・。



同年7月。
青森県は弘前市に、スーパーフリークスと言うインターネットマンガ喫茶がオープンしました。

ねぷたのために帰省していた為、
平日のヒマつぶしにはもってこい。

7/28
ねぷたの町内運行だったが、天候不良により中止となったため、
さっそく行ってみて3時間パック。
終わったあとにPHOENIXカード購入。

7/30
早速購入したカードを利用し朝からダーツ。

7/31
またしても朝からダーツ。
その後青森市までドライブ。
帰ってきて、またダーツ。

8/1
こんどは早朝ダーツ。
5時半から6時間パック。

8/2
ついに9時間パックを敢行。
正直きつい。右足限界です。

8/4
昼から6時間パックでやっぱりダーツ。

8/5
朝から3時間パックしちゃった

8/6
またしても怒涛の9時間パック。


さらに、お盆休みとなり、
8月15日 早朝(6時20分)から6時間パック
8月19日 早朝(6時40分)から6時間パック
 


で、現状の腕前は・・・
Class: CC3
Rating: 3 (3.57)
VS Level: 6
PPD: 15.29
MPR:1.55
Count-Up Hiscore: 548

やればやるほどRatingが下がって行きますよっと。

Profile

あらやん
いろんな事に興味を持つ、元SEのおっさん。


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

New Entries

Comment

Categories

Archives(272)

Link

Search

Free